1月 27, 2016 - 0 Comments - 貯金コラム -

いくらあればいいの?気になる貯金額

00b6461f9004e58ec31152c419700b36_s

「さぁ貯金をするぞ!」と意気込んでも一体いくら貯金したらいいのかわかりませんよね?
しかしお金はあっても困らないものです。いざという時に使うこともあります。
私も学生のころアルバイトをしてたくさん貯金をしていて全く手をつけておりませんでした。
しかし、ある時に病気になりその貯金を崩すことになったのです。
そのとき私は「貯金していてよかったな」と安心しましたね。
このようにお金はありすぎても困らないものです。今回はいくらあればいいの?気になる貯金額についてご説明します。

■目標とする貯金額は目的によって違う

当たり前ですが貯金をするにあたって私のように単に貯めていた人と何か目的をもって貯めている人がいます。
単にためる人ではいくらでも貯金してもいいでしょう。
しかし目的をもっている人はその目的額以上を目安に貯金することがポイントになります。

●結婚資金のために

将来結婚を考えている人であれば結婚資金のために貯金している人は多いはずです。
しかしそのためにはいくら貯金をすればいいのかわかりませんよね。
結婚式の形式にもよりますが、大人数のゲストを呼ぶのであれば150万円は費用としてかかります。
余裕をみて200万円をめどに貯金するのもありですね。
しかし、これは結婚相手と合わせた金額ですから一人あたり約100万円と考えましょう。
頑張って節約をして月に3~5万円貯金することができたら1年半ちょっとで貯金することができます。
そうすると難しくはないですよね?

●海外旅行(アジア編)

08fec19d3bb4a79d715ccf81f5fde61d_s

目的として続いて例に挙げるとしたら海外旅行。
ヨーロッパにいくよりも日本に近く安く済むのがアジア各地です。
国の物価も比較的に安く行きやすいのが特徴ですよね。
そんなアジアに行くのであれば最低10万円は必要です。
ツアーで行くとこれくらいですが個人で行くのであれば20万円あれば十分でしょう。
半年間何かを我慢すればすぐに貯まる金額です。

●海外旅行(ヨーロッパ編)

a13cbc0588b795bc989fd630da8fd005_s

憧れの地で一度は行ってみたいヨーロッパ。
でも遠くてさらに物価も高く滞在期間も必要となってきます。
長期の休みがとれたときに行くとしたらアジアと比べて大分費用はかかってくるのです。
もちろん利用する航空会社などにもよりますが平均として35万円は最低見積っといたほうがいいでしょう。
さらにヨーロッパは物価が高いのでプラスとして15万円などは予算に組み込んどいたほうがいいと思います。
つまり50万円は必要になるわけです。
50万円だと月に5万円貯金して1年後くらいですかね。

■日常生活のために

ad5a03acf414976fbc520ff98c5cce37_s

貯金することは何度もいいますが悪いことではありません。
世の中お金で成り立っているのが現状。
もし、マンションを購入したり家族で旅行に行く場合、お子さんの学費などを考えると保険がきいても3000万円は必要になるのです。
特に子供を私立に入れたい場合でしたらもっと費用はかかってしまいます。
将来のことを考えているのであれば地道に貯金をすることをお勧めしますよ。

何に使うのかを決めて貯金をしよう

誰のために使うのか、貯金はいざというときに頼りになりますので目標や設計を立てて貯金をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です