1月 30, 2016 - 0 Comments - 貯金やり方 -

今や学生のうちから貯金をする時代?

102562cadea6427e6d8b855521b8c8f3_s

大学や専門学校にもよりますが、社会人と比べると時間のある学生。
今は今や学生のうちから貯金をする時代なんでしょうか?今回はそんなお悩みを解決いたします。

■気になる学生の貯金平均額

de73de84e91b205d9b506382d8eba365_s

学生の中ではアルバイトする人が大半でしょう。
授業やサークルなどの合間の時間をぬって遊ぶためのお金などを自分で稼ぐ人がほとんどです。
そんな学生の平均貯金額はどれくらいでしょう?

一番多い回答が約30万円でした。
アルバイトで月に10万円ちょっとを稼ぎ少しずつお金を貯める人がほとんど。
しかし多い人では100万円という人もいます。
実は私もその一人です。
私は専門学校に2年間在学していました。
専門学校というのは大学生とは違い講義は毎日のようにびっしりと詰まっています。
学校が遠かったため片道1時間半かかる中、学校の近くでアルバイトをしていました。
1年生の時には月に7万円くらい、2年生のときには仕事も慣れてきたので13万円ほど稼ぎ、アルバイトの合間をぬって勉強。
我が家は厳しかったので定期代や資格代は全て自分持ち。
しかし勉強とアルバイトに追われ遊ぶのは月に1回あるかないかの生活でしたので必然的に貯金は100万円へと貯まっていきました。

■やっぱり学生のうちから貯金をしたほうがいい?

貯金はしておいたほうがいいでしょう。
それには理由があります。

●貯金をする習慣が身につく

学生のうちから貯金をしている人は社会人になっても上手にお金のやりくりができます。
無駄な付き合いを避けることもできますし、使ってしまった分どこで節約をすればいいのか頭が働くからです。

●危機管理能力が身につく

7baabffee83e628dbf8c466a105e05b6_s

お金がないと生活ができなくなるということをわかっている貯金が上手な学生は危機管理能力が高いのです。
通帳の残高を見て「今月は先月よりもいくら使いすぎたな」ということでお金をセーブすることができます。
そういった頭の働き方というのは社会にも出て役立つのです。
実際に仕事をしていくうえで「これをしないとまずいのではないか?」という先回りができますし周りの人間に比べて察知する能力が高いのが現状。
これは統計データとしてもでています。

●自立心が身につく

貯金ができる人は自立心が身についている人がほとんど。
これがどこに役立つのかというと学生の場合であれば「就職活動」です。
いかに資格や高学歴であっても採用時には人間性をみます。
自立心がある人というのは芯が強く周りの人間に左右されずに信頼を得やすいというメリットがあるからです。
そういった人は会社からの信頼も得やすくこの人なら会社に貢献してくれると思ってくれるでしょう。

学生のうちからお金を貯めることは人生も左右する!

91712003739b99820065eeb266ec65fc_s

お金を貯めることとこういった生活習慣や人間性が結びつくとはだれも思いませんよね?
しかし、学生のうちからお金を貯めるといった習慣がある人は将来も安定しやすく向上心が強い人が多いので人生も満足いくことでしょう。
学生のあなたはぜひ今のうちにお金を貯めておくといいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です