1月 30, 2016 - 0 Comments - 貯金コラム -

貯金をするメリットって?デメリットはないの?

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s

別記事でも何度もお話ししたように私は口酸っぱく何度も「お金はありすぎても困らない」と皆さんにお伝えしていました。

しかし、何かをするとなるとメリットとデメリットが生まれます。
今回は「貯金」というワードをテーマに貯金をするメリットとデメリットについて考えていきましょう。

■貯金をするメリット

●将来家庭を持つときに必ずお金は必要となる

502f82342f454382ec1c86fe56eb8003_s

結婚や子育てを考えている人にとっては貯金というのは欠かせないものです。
結婚費用や家を購入するときなど、欲しいものを借金なしに買えます。
仮に何か大きな大きな買い物をするときには借金をすることなく買うことができるのです。
もちろん、家などの大型のものは無理でも車などは貯めたお金で買うことも十分に可能。
お金がなくてローンを組むということになるとしましょう。
ただしローンを組む場合は利息を払わなければいけません。
貯金で一括で買い物をすれば、利息分損をしないことになります。

●緊急時に対応できる

とにかく貯金をしておけば何かあった時の緊急時に対応することができます。
別記事でも書きましたが私も病気になりしばらく働くことができずにいました。
その時に役立ったのは学生のときから貯めていたお金です。
医療費はもちろんですが働けない分の生活費や光熱費、家賃などをそこからまかなっていました。
生活費の半年分も貯金があれば、お金で困ることはまずないでしょう。

●お金があれば「投資」ということができる

6dd2b3491e217be1078c2b2cbaf4e946_s

投資はお金がある人が更にお金を増やすためにやる手段の一つです。
お金がないからという理由で投資に手を出す人は大体失敗するでしょう。
銀行にお金を預けていても大きなお金を生むことはしませんよね?
それであればもっと簡単に稼げる方法というのを探したくなるのが人間の嵯峨です。
もちろん投資をするにはある程度の知識も必要ですし、お金の扱いが上手くないと成功しません。
しかし、「お金がある」ということは、次の「お金を増やす」というステップに進む準備ができたともとれるわけです。

■貯金をするデメリット

なんだかこの記事を読んでいると「貯金っていいことだらけ」と思いますよね。
確かに貯金は「良いイメージ」というのがあると思います。
しかし、デメリットもあるのです。

●自由に使えるお金が限られている

0a6139ff250583c1c3bad2895b7f1706_s

貯金というのは「お金を貯める」と書きますよね。
収入額から貯金へあてるぶん使えるお金というのは限られてきます。
十分な収入がある人でしたら別ですが、大抵の人はなにかを我慢をして貯金することになるでしょう。
「もっと買いたい物がある」「旅行に行きたい」など…。逆にこういった欲と闘わなくては貯金をすることはできません。
貯金をすることが難しい人はこの欲に負けてしまうのですね…。
貯金することのデメリットはこれだけだと私は思います。
今ある楽しみを取るか、目の前のものを我慢して将来の安心を手に入れるか。

今か将来か!決めるのはあなた次第

貯金をして困ることはありません。しかし、目の前にある楽しみがあればそれに食いついてしまいますよね。
そんな目の前の楽しみに手を出すのか、将来を見据えて我慢するのかはあなた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です